out
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
祝日、定休日
祝日、定休日
 
世界一有名な数式「E=mc2」を証明する【ネコポス(メール便)不可】

世界一有名な数式「E=mc2」を証明する【ネコポス(メール便)不可】

2,200 円(税込)

数量:
カートに入れる この商品についてお問い合わせ

基本情報

著者名
福江 純 著
サイズ
A5並製
ページ数
264頁
発行/発売
2020年7月
対象者
学び直しで、数学の基礎を勉強したいと思う一般的なビジネスマン。とくに、中心的な読者は、30歳以上の男性を想定している。

詳細

世界一有名な数式と言われるE=mc^2を証明する場合、数式的には、ルートと三角関数ぐらいしか使いません。そして、これはほぼ特殊相対論の入門書になります。E=mc2を証明すると言うことは、結局は、特殊相対論を一から丁寧に説明するのが王道なのです。
著者には、すべての原稿を2回書き直してもらいました。その結果、「自然の摂理の背景には数学の美しさが存在する」ことが体感できる書籍に仕上がりました。
本書は、簡単な数式で丁寧に導くとともに、数式をグラフにした図を多用して、視覚的に理解しやすい解説をします。
読むからには、それなりの覚悟は必要ですが、
・専門家でもなく、理系ですらない一般の文系ビジネスパーソンにだって、あの「相対性理論」が証明できます
・理系ですらない人が「アインシュタインの頭脳」を擬似体験できます


1956年生まれ、日本の天文学者。1978年、京都大学理学部卒業。1983年、同大学大学院(宇宙物理学専攻)を修了。
現在は、大阪教育大学天文学研究室教授。理学博士。専門は相対論的宇宙流体力学、とくにブラックホール降着円盤と宇宙ジェット現象。学部生・院生時代は加藤正二に師事。熱心なSF、アニメファンとしても有名で、SFアニメやSF小説のアイデアを天文学の立場から考察した著書も多数ある。
著書は、『アインシュタインの宿題』(大和書房、2000年7月)など多数。



他サイトで購入する

  • Amazon
  • 楽天市場
  • トップ
  • 書籍
  • 世界一有名な数式「E=mc2」を証明する【ネコポス(メール便)不可】
$nbsp; $nbsp;